園紹介

のびのびと 個性豊かに元気な子

木々が大きく育つのは、太陽の光や水の恵みによるものであるのはもちろんですが若木にとっては目に見えない地下の根の張り具合が特に大切な条件です。暖かい南の方向にも、寒い北の方向にも、しっかりと根ざしてこそ大樹に育つのです。

教育もこれと同じで基礎教育の時代である幼稚園は特にこの根の部分に当たるわけです。

幼稚園は、さまざまな子供たちが集まってくる小さな社会であり、子供たちはこの集団生活の中で磨かれます。 人生で初めて体験する集団生活の場として幼稚園教育が、いかにその後の人生に大きな影響を及ぼすか、はかり知れないものがあります。

思いやりのある保育」これが朝霞たちばな幼稚園の目指すものです。よい環境・よい躾は幼児期にとっての基礎作りとなります。そこで本園は、集団生活の中で正しい習慣を身につけ、一人ひとりの能力を最大限に伸ばすことに努めます。どの子にもゆきわたる教育、伸びる教育を目指してがんばっています。 今日の科学の進歩はめざましく、日進月歩というより日新日歩という感じさえします。新しい時代に向けて、希望ある幼年時代を体験させたいと願っております。

園長 榎本 晋一

園の概要

沿革

昭和52年4月1日幼児教育施設としてすべての基準に適合していることにより 朝霞たちばな幼稚園として創立。昭和53年2月28日永続的な幼児教育機関となるために より公共性の高い「学校法人朝霞たちばな学園」として認可。

「遊び」を通して人間形成を
幼児教育の中心は、「遊び」であると考えます。しかし遊ぶということは、勝手気ままに過ごさせることではありません。幼児は遊びの小さな集団の中で、「思いやり、協調性、忍耐心、創造力、自主性」等の(心)が育まれ、併せて 健康な身体も形成されていきます。ですから「遊び」は幼児にとってかけがえのないものなのです。それだけに当園では、幼児に最良な環境を与え適切に導くよう日々努力をしております。

保育内容

保育時間
平常保育時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後2時15分
体操
リズム感・集中力・機敏性を養うことを目指します。6月~8月は園庭にてプール遊びを行います。
音楽&リトミック
リズム感を養いみんなで音楽を楽しむことを目的とします。運動会では年長のみ鼓笛の演奏を、お遊戯会では全学年が合奏を行います。
制作
季節の行事ごとにテーマに沿ったものを作成します。
季節の遊び&自然観察
園外にでて、広い公園で遊びます。園舎の裏側にある天然芝生の広場(たちばな公園)で、走り回ったり寝転がったりすることもあります。雪が積もったら雪遊びもします。
芝生の広場のすぐ横に広大な畑があり、さつまいも等を植えて収穫までを体験します。(たちばな農園)
教室のすぐ前に植木鉢を並べて、朝顔を育てます。毎日観察をして水やりをして、子ども達も共に成長します。(年長)
コンピューター
年長組の園児はコンピューターの授業があります。
1~2人で1台のコンピューターを使用することで順番を守ること、譲りあうこと、一緒に考え協力して解決することを学びます。
色・形・数・文字等の知育的な内容で進めています。プログラミングのカリキュラムも取り入れています。(隔週1回)
小学校入学前の準備について
文字や数の概念が無理なく理解できるよう、遊びを通して保育の中で工夫しています。
支援が必要なお子様も程度により受け入れ可能です。詳しくは直接園までご相談下さい。

園バスの運行

希望者は園バスを利用することが出来ます。詳しい運行ルートや範囲は幼稚園へご確認ください。登園・降園時に加えて延長保育を終了時間まで利用する場合は降園時にバスを利用することも可能です。(志木駅・朝霞台駅まで)詳しくは園にお問合せください。

給食

毎月 1 回の「お弁当の日(お弁当を持参)」以外は専門業者による給食を毎日実施しています。
程度によりアレルギーにも対応致します。ご相談下さい。
飲み物は麦茶です。(別途希望者のみ牛乳も可)

バスキャッチ

当園では 2013 年 7 月よりバスキャッチシステムを導入しています。
バスキャッチとはお子様の安心・安全と、保護者様をサポートするバス位置情報サービスです。幼稚園送迎バスを利用される方を始め、バス利用がない保護者さまへもサービスを提供しております。保護者さまからの欠席(バスの送迎不要)連絡・幼稚園からの一斉メール送信・写真の閲覧等に利用しております。詳細は下のURLをご覧ください。

http://www.buscatch.com/i_guidance2/asaka/

アクセスマップ